« コラージュ | Main | ROJIN »

February 01, 2008

スウィニー・トッド

「スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪店」鑑賞。
奥さんと子どもと引き裂かれた復讐を、荒っぽくするお話(ミュージカル調)。
ティムバートンの作品は、黒っぽい、陰のある、怪しげな世界が多いので、割と
好きなものが多いし、ジョニー・ディップとのコンビだし、観てみようかと思ったの
ですが、ちょっと期待はずれ。
遊園地のお化け屋敷に入った感じの映画です。

ロンドンの町並みや、衣装やメイクなどは、見ていて楽しいし、オープニングの
アニメーションもよかった。
人肉ものというのは、いくつか映画を観たことがあるので、そんなに突飛なエピ
ソードだとは思いませんが、確かにこれはR-15だなぁ。
血の量多いし、切り口鮮明だし、対象が結局は無差別だし。

やっぱり復讐というのが、時代遅れな感じですし、ミュージカルでそれぞれの
登場人物の気持ちや語りを、歌にしてしまうというのも、なんか深みがないよう
な気がしてしまいました。
とにかく、このストーリー自体にあまり魅力を感じないのです。
長く続いているミュージカルの舞台はまた全然違うのでしょうか?

敵役の判事さんが出てきて、おっ、「ギャラクシー・クエスト」のおっちゃんや!
と、一人で喜んでました。
大好きな映画の一つなのです。

|

« コラージュ | Main | ROJIN »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スウィニー・トッド:

« コラージュ | Main | ROJIN »