« もう9月・・・ | Main | オクラの花を食べる »

September 08, 2011

トイレット

最近、ほろほろとDVDを見ているので、備忘録がてらに。

突然ばぁちゃんと暮らすことになった、孫3人のお話。

Toilet1

「かもめ食堂」、「めがね」の萩上直子監督の作品です。
これらが(↑)好きな人には、まず大丈夫な映画。

もう、私は、やっぱり、衣装やら、小道具やら、画面を見ているのが、
楽しくて、楽しくて。
そして3人の孫にそれぞれストーリーがあって、ばあちゃんが絡んでいき
一つ一つのエピソードが面白くて、和みます。

好きなことや、楽しいことがわかれば、できれば、毎日はキラキラと進んで
いくんでしょうが、案外、自分の本当に好きなことや楽しいことが、わから
なかったりするもんです。
自分が喜びを感じることって、なんだろうか?と、改めて考えます。

日本人のばぁちゃんは、もたいまさこさん、劇中ほとんどしゃべりません。
3人の孫は、クォーターという設定で、全部英語。
言葉ではなく、4人の暮らしが段々と紡がれていきます。

監督が日本人ということもあり、日本のトイレ事情が間違いなく的確に
観客に伝わるところがよいです。
しかもそれが次男レイのインド系の同僚が力説するシーンが可笑しい
し、面白い。
レイが知らなかった日本のウォシュレット事情に感心して、
「おまえすごい情報(information)持ってるな!」と言うと
そのインド系同僚は至極真面目に、
「情報(information)じゃねぇよ!知識(knowledge)だよ!」と。
なんかこの場面好き。

観終わったら、絶対餃子が食べたくなります!

|

« もう9月・・・ | Main | オクラの花を食べる »

Comments

Much appreciated for the information and share!
Nancy

Posted by: best office chair | September 25, 2011 11:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トイレット:

« もう9月・・・ | Main | オクラの花を食べる »