« プリトヨ風 | Main | ヨギティー »

October 14, 2011

しあわせの雨傘

横暴な社長に代わって、傘工場を立て直す社長夫人の話。

Shiawase

♪:;;;:♪:TRAILER:♪:;;;:♪

フランソワ=オゾン監督です。
この人のも好きなんだなぁ。

初っ端のカトリーヌ・ドヌーブのジャージ姿(無茶苦茶おしゃれです!)
に衝撃を受けつつのジョギングシーンからもうオゾン監督の世界に
どっぷり入れます。
楽しい。

ドヌーブの陽気な主婦っぷりは、それはそれでありなんじゃないかと
思うのですが、周りからの扱いがひどい・・・
元々、演劇作品で、何もできない、しない主婦を揶揄するような笑い
の戯曲。
でもそこは、オゾン監督が、現代風にアレンジ。

傘工場を痛快に立て直す話だと思っていたら、それは半分くらいで、
ヨーロッパ系映画によくある男女関係のややこしいのとか、はては
政界進出まで、なんやかんや盛り込んで予想以上に濃ゆくて面白い。
何もできない、しない、ただの陽気な主婦ではなかったのです。

貞淑な主婦の天然が功を奏して成功するのかと思っていたら、結構
若かりし頃から恋愛も自由奔放で、やることなすことしたたかなドヌーブ
になんだかわくわくしました。
あの年で、あの美貌と貫禄はすごい・・・自信があふれてるなぁ。
登場人物は、男は情けなく、女はしなやかに、したたかに、かっこよく
この監督独特の世界が面白いです。

ジェラール・ドバリューって久しぶりに見たけど、えらいこと丸々して
いて別人のようです・・・。
ついこないだ飛行機内で放尿騒ぎのトラブルを起こしたとか・・・
変な人です。

「 色とりどりの傘があれば
   人生の雨もまた楽しい 」
映画のキャッチコピー(↑)です♪
いい映画でした。

|

« プリトヨ風 | Main | ヨギティー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference しあわせの雨傘:

« プリトヨ風 | Main | ヨギティー »