July 18, 2023

次々と・・・

ずっと使っていたお茶碗にひびが入った。

と思ったら、これまたずっと使っていたお皿が欠けた。

Img_4407

お茶碗は2組あって、気分で使い分けていたので、もう1組ある。

お皿は誰かの引き出物で、ちょうどいいサイズで料理を選ばないので

便利なものだった。

どちらも20年以上使った。

いざ捨てるとなると惜しい。

大丈夫な方は置いておこう。

今まで、ありがとう。

 

私は服を見てると頭がぼぉーとして、どれがいいのか?ほしいのか?

わからなくなる。

食器は見ていると、自分の好みや欲しいものにどれくらい近づいて

いるのか?買うべきか買わざるべきか?手持ちの食器たちとのバランスや

料理をのせた時の趣味レーションなど、頭の中がクリアだ。

たとえ買わない時でも楽しい。

そうそう買えないのが残念。

食器を見ているときの感覚が、服を見ているときに欲しいと常々思う。

要するに、私はあまりおしゃれさんではない・・・。

 

のんびり気に入ったお茶碗が現れるのが楽しみだ。

 

 

| | Comments (0)

July 16, 2023

あぶり師

あまり行かないスーパーで見つけたあぶり師。

0706a

普通のカセットボンベにつけるヘッドが売っているのは知ってた

けど、多分私には too much。

やり過ぎると熱で皿が割れるらしいし。

これはガスライターに毛の生えた程度の火力だけれど、あぶり焼き

の雰囲気を味わうにはちょうどいいかも。

 

早速、ズッキーニを焼いて、シュレッドチーズをのせてファイアー。

鉄フライパンだし割れる心配もない。

Img_4391

黒コショウを引いて食卓へ。

焦ばしい香りがぷんとして、いい感じだ。

次は、しめさばの皮目をあぶって、レモンを絞りたい。

夢は広がる。

 

しかし如何せん火力は弱いので、思ったより時間が掛かる。

最近のライターは押し込みが固いので、

最近何かと手の筋が痛い私にはつらい。

やっぱりバーナー欲しくなるな。

| | Comments (0)

July 14, 2023

富良野ホップ炭酸水

最近気に入ってるのが、炭酸水のホップ風味。

成城石井に売ってる。美味しい。

Img_4399-002

ホップはビールのイメージが強いけど、れっきとしたハーブ。

なんやかんやと期待できる。

リラックスや安眠、ホルモンバランスを整えたり、胃腸を整えたり。

 

たまに、昼間に、シュワっとしたものが飲みたくなる時がある。

胸が詰まる感があったり、呼吸がうまくできてないなぁと感じる時

などにちょうどいい。

 

ただ、だらだらと飲まないことを注意したい。

炭酸水は酸性なので、歯にはあまりよくないらしい。

気分転換にサッと飲んで、飲み終わったらお水を少し。

これの半分のサイズがあればいいのになぁ・・・。

| | Comments (0)

July 12, 2023

こんなところにも・・・

合成甘味料をなるべく避けるようにしています。

が、気を抜くと家の中にすぐ入ってくる。

ビールのあてに買った生ハムクリームチーズ。

加工品を買う時点で、少々の添加物は気にしないけど、

ここにアセスルファムK入れる必要あるか!?!?

Img_4389

アセスルファムKは、砂糖の200倍の甘さがある添加物。

生ハムにもチーズにもそんな甘みいらないよー。

そういえば、

アスパルテームがWHOに発がん性あるかもよ?って

こないだ公表されてたよな。

いろんなところに入ってるから、本当だったら、大騒ぎして

検証してもいいはずなのに、あんまりニュースになってる感

がないのが不思議。

 

メモ。

生ハムは、イタリア系、スペイン系、ドイツ系があって

イタリアはプロシュート。

スペインはハモンセラーノとかイベリコとか。

ドイツがラックス、燻製あり。

| | Comments (0)

September 26, 2016

鶏がゆ

体調が悪い!でも、なんか食べたい!白粥ではパンチ不足!
そんなおっとのご要望にお応えして、たまに作る鶏がゆ。

Img_1676

鶏肉、塩、お酒、米、水を圧力鍋にセッティング。
鶏肉の余分な脂身は、キッチンばさみで丁寧に取り除いて。
この作業が、割と好き。
炊けたら、鶏肉をほぐして、混ぜ込む。

トッピングには、白髪ねぎにごま油と塩、豆板醤を和えたもの。
香菜あればなおよし。

元気出せ~~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2016

シャインマスカット

前から食べたいなぁ・・・と思っていたシャインマスカット。
皮ごと食べれる葡萄で、売ってるけど高いから、どうしても
躊躇してしまう。
しかし、もうそろそろ時期も終了らしいので、思い切って少し
買ってみた。

Img_1674

衝撃のおいしさ・・・。
爽やかな甘さで、皮のしゃりしゃりした感触もよい。
一粒が大きいので満足感もある。

ケーキを食べること思えば、少し高いフルーツでも買えるよなぁ。
シーズン終わりにおいしさに気付くとは無念。
また来年楽しみにしておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2011

きんきら漬け

最近買った、きんきら漬けという、おから床。
届いたおから床に水を混ぜたら、もう使えます。
中身は、おから、塩、酢、昆布、鷹の爪、乳酸菌、酵母菌が
入っているそう。

毎日かき混ぜなくてもいいし、匂いもそんなにしないし。
タッパーにて、冷蔵庫で保管しております。
ポイントは、おから床の上にぴっちりとラップをかぶせること。

3カ月ほどは、おから床として、使えるようです。
おからを新たに足すことはできないそうなので、使い終わったら
水で薄めてガーデニングの肥料にするか処分するかします。

お漬物っていつもいつも買ってたら高いですもんね・・・
でもあると、とっても食卓がいい感じになります。
なんと玉ねぎやじゃがいもも漬けることができるらしいですが、
勇気がないです・・・

これはおからなので、ぬかのように、洗い流さなくても食べて
いいそうなんですが、やっぱり洗い流してしまいます。
食べた方が、大豆のイソフラボンとか乳酸菌もしっかり摂取で
きるらしいのですが。

さて、味なんですが、きゅうり、大根、人参をつけてみましたが、
なかなか美味しい・・・
昔よく食べた、古漬けのようなうまみが感じられます。
ごはんの時の、香の物として、お酒のあてとして、なかなか重宝
です。

Kinnkira

好みの漬かり具合というか、ジャストな塩気を模索しております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2011

ショウガ湯

そろそろ足が冷たくなってきたので、生姜湯を。

Syougayu

(↑)すりおろしたショウガ+黒砂糖+熱湯。
なかなかがつんとショウガがらいです。

甘みに蜂蜜を加えるというのもよく聞きますが、アーユルヴェーダでは
蜂蜜に熱(特に高熱)を加える調理法は×。

加熱すると、蜂蜜の持つ性質が変わるそうです。
熱した蜂蜜は、アーマ(毒素)に変わる!?とか・・・

もともと、アーユルヴェーダでは非加熱処理の蜂蜜を使うのが原則です。
加熱すると酵素が壊れてしまい、本来の蜂蜜の身体へのすばらしい作用
が期待できなくなります。

でも、よくハチミツ入りのケーキやクッキーなんかはありますよね?
売っているハチミツは、加熱処理してあるものが多いようなので、関係
ないんですかね?

結構、非加熱の蜂蜜というのは、探さないとないもんです。
ネットなどで探すとたくさんあります。

小さい頃、口内炎ができた時に、蜂蜜を塗っとくように親に言われました。
身体の内部や外部の潰瘍を治すのによいそうです。
美味しいのでついなめてしまうのですが・・・
本当の蜂蜜は、薬であり、健康食品なんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2011

ヨギティー

美味しいとは聞いていたけど、ほんとに美味しかったヨギティー!

アーユルヴェーダを元に、ハーブやスパイスをブレンドしてあるらしいです。
インドではなく、アメリカの会社のものです。
いろいろ種類があるのですが、私がチョイスしたのは、クラッシクインドスパイスと
ベッドタイム。

Yogi

クラッシクインドスパイスは、心身のデトックスによさそうです。
インドの伝統的なブレンドらしいです。
スパイシーなんですが、自然な甘みもあり、面白い味です。

ベッドタイムは、もちろん寝る前に・・・良質な睡眠をとるのによさそうです。
ふんわりした香りとお味で、リラックスします。
寝る前はお酒を飲むことが多いのですが(いまいち良くないのはわかってるん
ですが・・・)、休肝日には、このお茶がいいみたいです。

普通のハーブティーのティーパックよりも、長めに抽出するようで(表示には
5~7分)、私はもう入れっぱなしで飲んでいます。
箱のサイドには、ヨガのポーズの説明と写真があるので、抽出している間は
それをしたりして。

とにかくブレンドの味が美味しい。
身体にいい!というよりも、美味しいハーブティーです。
しみじみ味わって飲んでおります。
他の味もまた試してみます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 31, 2011

バジルペースト

昼ごはんに冷製パスタが食べたい!!と思い、ついでにバジルペーストを
作る。

Photo

前から作ろうと思っていたので、材料は揃えていた。

ベランダのバジルを摘み、にんにく、松の実、くるみ、パルミジャーノと
オリーブオイル、塩、こしょうを、ミキサーに。

市販のバジルペーストは、味が濃ゆい印象だが、自分で作ると、やさし
い味。
下手すると、パンチ不足なくらい。
ここから更に、料理時に、もうちょい塩・胡椒してちょうどよいくらい。

今回は、トマトと生ハムとペーストを和えて、冷製パスタに。
野菜や魚に、ちょびっとつけて食べると美味しそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧